【広告】Amazonリンククリック後、何かを買うと北大Wikiの運営費になります

北大地図パズル紹介バナー

【ゲキムズ?】 北大地図パズル


子ども科学電話相談

提供: 北大Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

子ども科学電話相談(こどもかがくでんわそうだん)は、毎週日曜日10:05からNHKラジオで放送される科学技術コミュニケーション番組である。

概要[編集]

主に幼児・小学生を対象に身近な自然科学に関する質問を電話で(コロナ禍中はメールで)募集し、各分野の専門家が質問者と電話で直接対話して回答を行う。

子どもを想定リスナーとしているが、実はリスナーは大人の方が多い気がする。

夏休み、冬休み期間は平日にも放送を行う。

本番組では、先生の回答に「わかりません」と返したキッズはTwitter上で絶賛される。北大の講義で当てられた時「わかりません」と答えて罵倒されるのとは対照的である。

司会者は2023年から柘植恵水アナウンサーが担当している。歴代司会者と比べ、解答者の先生をいじるのが得意である。特にダイナソー小林はよくいじられる。

北大関係の出演者[編集]

小菅客員教授[編集]

  • 一人称は「おじさん」。
  • 柔道部時代の思い出話や、腕が太くての肛門に手が入らなかった経験談をよくする。

NHK札幌での公開収録[編集]

2024年3月23日、初めてNHK札幌放送局で公開収録が行われる。出演者は小菅正夫先生、小林快次先生、柘植恵水アナウンサーである。参加対象者は中学3年生までの子どもに限られ、質問希望者はWeb上での事前申し込み、及び保護者の同伴と保護者の受信料の支払いが必要。公開収録の模様は、3月27~30日に放送される。

備考[編集]

質問者の中に、総合博物館内から電話を掛け、東京のスタジオにいる小林教授と電話での応答を行う子どももいる。2022年8月5日の放送で、11時台に登場した質問者の少年に対し、小林教授は「午後5時まで北大で待っててくれたら会える」と返事をした。番組放送後小林教授は東京から札幌に戻り、少年との面会を果たした。

2023年12月31日の放送で、北海道大学×STV SDGsデー期間に総合博物館を訪ねて恐竜の化石を見た少女が質問者として登場し、当該イベントに触れそうになった際、小林教授は他局の宣伝をうまく交わしていた。

関連項目[編集]



北大Wikiアクセス数
全期間 最近1週間
記事「子ども科学電話相談」 950 0
北大Wiki全体 732,917 0

北大Wikiに関するお問い合わせはこちら