【広告】Amazonリンククリック後、何かを買うと北大Wikiの運営費になります

北大地図パズル紹介バナー

北大地図パズル】 あります

フロンティア入試

提供: 北大Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

総合型選抜フロンティア入試(そうごうがたせんばつフロンティアにゅうし)は、令和4年度から導入された、AO入試に代わる入試形態である。

概要[編集]

令和2年12月25日の北大の公式発表により全貌が明らかとなり、大学入学共通テストの受験を課すTypeⅠと、共通テストを課さないTypeⅡに大別される。

導入初年度は、医学部医学科保健学科検査技術科学専攻理学療法学専攻作業療法学専攻工学部社会基盤学コースで合格者がなかった。また、工学部応用マテリアル工学コースで志願者が0人だった。

TypeⅠ[編集]

医学部理学部地球惑星科学科水産学部等で実施される。

共通テストの科目数や必須科目は学部・学科により異なる。またAO入試の時は「簿記・会計」が使えたのにフロンティア入試では「数学ⅡB」が必須となり「簿記・会計」が使えない専攻があるので、詳細は公式発表を参照されたい。

TypeⅡ[編集]

理学部(地球惑星科学科以外)、工学部応用物理工学コース機械情報コース等で実施される。

共通テストの代わりに第二次選考にて記述式の数学・物理・化学の適性試験と面接が課される。試験問題は全学科、コースで同じだが、指定される科目、問題数が異なる。 特に、数学科は物理、化学は使わず数学のみでの試験となる。

合格発表が一般の受験生より早く、12月という受験生が最もピリピリしている時期であるため、合格者がTwitterなどで一般勢を煽るようなTweetをすると容易に炎上するので注意されたい。

炎上したTweetの例[編集]

smdrkai.jpg
smdr2.jpg

AO入試との比較[編集]

これまでは理系と医系の一部でしかAO入試を実施していなかったが、フロンティア入試では実施学科が拡大される。例えば理学部数学科化学科医学部保健学科検査技術科学専攻等で新たに一般入試以外の入試が実施される。

AO入試の定員をそのままフロンティア入試に移すのみならず、現行の総合理系後期入試の定員を減らしてフロンティア入試の定員拡大分に充てる。

実施しない学部・学科[編集]



北大Wikiアクセス数
全期間 最近1週間
記事「フロンティア入試」 933 23
北大Wiki全体 452,989 5,549

北大Wikiに関するお問い合わせはこちら