北大地図パズル紹介バナー

Amazonリンククリック後、紹介商品に限らず何かを買うと北大Wikiの運営費になります


北大地図パズル】 できました 挑戦者求む

水産学部・水産科学院・水産科学研究院

提供: 北大Wiki
水産学部から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

水産学部・水産科学院・水産科学研究院(すいさんがくぶ・すいさんかがくいん・すいさんかがくけんきゅういん、英語: Faculty of Fisheries Sciences)は北大の学部・研究科の一つ。お魚だけを扱うわけじゃない。

概要[編集]

北極にも行ける大きな船を持つ学部。 総理から水産に行くことを「函館に飛ばされる」「左遷される」と呼ぶ(こともある)。

水産学部として国内ではトップレベルにもかかわらずこんなに移行点が低いのはひとえに「函館にあるから」である。

学生からの人気はあまりないように思えるが、産業受けするために就職先に関しては工学部に次ぐとも言われる。やたら「水産学部が小樽ぐらいにあったら俺も行くんだけどな」という言葉を耳にする。

休日にすることといえば函館山に登るかラッキーピエロを食べるくらい。函館って何あるの?と聞くと、函館民は壊れたように「ラッキーピエロ、ラッキーピエロ」と繰り返す。

一度行ってみるとわかるが、函館は一言で言うと「札幌まで五時間かかる小樽」である。しかし、新幹線の開通によって本州(特に東北地方)へのアクセスの楽さは札幌の比ではないし、のんびりした雰囲気も夜景も心を穏やかにしてくれるので札幌に疲れた人は函館もありかもしれない。

なお、研究室によっては四年生で札幌へ帰ってくることが可能である(海生の極一部、教員の配置転換によっていくらでも変わる可能性あり)。

実は医学部に続いてお金を持っている学部…らしい。確かに船も所持しており、研究棟も新しい。噂だが、何度か札幌移転の話が上がった際、函館市に止められている。函館市と結構ズブズブな関係ということであり、函館キャンパス内は、高そうな建物が結構建っている。

「ダーウィンが来た」に出たことある先生が多い。

除け者にされてしまう水産学部[編集]

水産学部は札幌キャンパスで差別や偏見を受ける事が時々みられる。例えば、総合理系生を対象に授業中に行われた希望移行先を尋ねるアンケートで、水産学部が抜かされていたり、北大祭の理系タピオカの模擬店のメニューで、総理タピオカや他の理系学部タピオカがあるのに水産タピオカだけ無い等の例がある。なお、同模擬店では後で水産タピオカがメニューに追加されたが、水産タピオカだけ売れ残ったことを付加しておく。

札幌キャンパスの学生に差別されるのは全員慣れっこだが、事務、生協にも差別されることが多いらしい。

例えば、水産の某先生が、札幌キャンパスのスパコンを申し込む際、使い方などを聞くと「それは札幌まで来てください」とありえない態度を取られたと言う。仕方がないから京都大学のスパコンを使っているらしい(京都大学のスパコンは、函館で完結した)。

他にも、生協でAdobeのソフトを安く入手できるポスター広告があったが「パソコンを札幌キャンパスまで持ってこい」と、ありえなさ過ぎる対応である。これに対して意見を言った学生がいたが、その翌日ポスターが外されたらしい。

就活イベントなども、基本的には札幌を中心に行われるため不便である。言うほど函館での日常生活は不便ではない、むしろ札幌の住む場所によってはお店が充実している。就活イベントなどは仕方ないが、事務、生協が差別するのは、いかがなものかと思う。

学科[編集]

[編集]

講義[編集]

理由は不明(?)だが,露骨に数学物理の講義が少なく(昔は海洋,工学系学生用等のために,たくさんあった,応用数学など)大学2~3年の頃は,一体何を勉強させられているんだという感覚に陥る。 海洋系,工学系に進もうと考えている人は,比較的暇な大学2年生の頃に,最低限の数学,物理は勉強しておくことが望ましい。 大学の図書館に,講談社のブルーバックスがあるはず。「今日から使える物理数学」や「高校数学で分かる~」などの本なら,勉強が苦手な人でも読めるので,是非読んでみるべき。

環境科学院など,外部の大学院を考えている人なら,基本的な微分方程式,ベクトル演算,行列......等は出来ないといけない。初歩の初歩で良い。)

何なら,水産学部は4単位まで他学部履修が認められているため「物理数学」など水産で開講されない数学の講義を2年で取ると本当に良いと思われる。どんな大学院でも,基本的な数学知識は問われるが,何故か水産では関連する講義がないため(というか数学の先生がいないため)どちらにせよ自分で勉強しなくてはならない(一部教えようと頑張っている先生はいるが,専門ではないため限界がある)。


札幌キャンパス開講(2年次)[編集]

春ターム[編集]

  • 海洋学入門:学部共通科目。現象をいかに文章で説明出来るかが鍵で、計算問題は出ない。海洋学なのに、法律、生物系の問題も出題される。暗記。
  • 水圏生物学:生態学から分類まで先生ごとに様々なトピックを扱うので楽しめる。田城先生の授業で配布された資料はもはや魚類図鑑(無断譲渡・転載禁止)。
  • 水産生物化学:科学的にちくわの製造方法を学べる。
  • 実験統計学:学部共通科目。2018年度より新装。統計ソフトRを使うにはどうするか、統計の意味を聞く方向にシフト。計算は出なくなった。そのため、2017年度までは楽単だった(らしい)が、2018年度は、物理化学、物理海洋学・気象学を抑えて不可率No.1(42%)となった。勉強がしづらい、問題に「え、そんなとこ聞くの?」と言うのが多い。2019年度より春ターム開講に変更。

夏ターム[編集]

  • 水産資源各論:学部共通科目。ガルパン、ごちうさ、プリキュア、テラフォーマーズ。ネタ大きめでお腹一杯。居酒屋で話が長くなって嫌がられる人材養成講座。出席さえしとけば楽単。なお2020年にはコロナ禍でmoodle開講になって、爆死した学生が増えた模様。理由は毎回の小テストがレポートの提出評価が多くなり、提出忘れが増えたためではないかとの噂。さらに2021年には講義動画を視聴していない学生にお仕置きが下り、小テストで軒並み減点される事態が発生。

秋ターム[編集]

  • 物理海洋学・気象学:と言う名の地学。海洋資源科学科、海洋生物科学科開講。海洋、気象現象をいかに文章で説明出来るかが鍵。計算問題も30点出る。(一昨年まで)物理化学に並んで水産最難関講義候補だった。しかし、どういう問題が出るかは講義中に教えてくれ、それに沿って勉強をすればいいので、勉強自体は大変しやすい。ただ量がえげつないため、諦める人は多い。勉強すれば受かる。2018年度は物理化学に恐れをなして、逃げ込む増殖、資源機の人間も多く見られた。
  • 応用物理学:海洋資源科学科開講。ようやくみんなの夢だった数式をカチャカチャ出来る。頻繁に確認テストを行ってくれるため、高校で物理を取ってなくても単位取得は容易。両先生とも、大変優しい。

冬ターム[編集]

函館キャンパス開講(3、4年次)[編集]

春ターム[編集]

  • 海洋生物地球化学:海洋生物科学科開講。分析化学、化学海洋学のあの人が帰ってくる。講義名からは何してるかよく分からないが、ほとんど化学である。テストは計算問題も多く、論述も多い。暗記が苦手な人には良い科目かも。毎回宿題を配っているため、それをしっかりやれば、単位取得は容易。

夏ターム[編集]

  • 情報解析演習:海洋資源科学科開講。必修である。今では化石言語とよく言われるFORTRAN(大気海洋系では今でもバリバリ現役である)、プログラミング言語の学習を行う。コンパイルの仕方から丁寧に教えてくれるため、ここから他の言語に興味を持つこと可能である。T橋先生はイケメン。
  • 魚類生産生態学:楽単だと思われていたが「魚類凄惨生態学」に変化。過去問依存学生に対して怒りが爆発した模様。

冬ターム[編集]

  • 海洋環境物理学:海洋資源科学科開講。2019年度を除き,例年恐ろしい不可率の,海洋物理の講義である。主に微分方程式と仲良くなる。テスト自体は,毎回出される宿題(答え合わせはしない)をしっかりやっていれば難なく解ける問題(ほぼ宿題そのまま)だらけであり,また宿題自体も現代は最悪Google等を活用すれば,北大に受かるくらいのレベルの学生なら難なくこなせるものである。何なら他の講義に比べて原理から理解,もしくは理解した気になれるので,最も簡単な講義でもあると思われる。例年不可率が高いのは,そもそも水産学部に「海洋物理をやりたい!」何て希望を持って入ってくる学生は極まれ,更にGPA競争に敗れて物理なんて全く好きじゃないのに海洋資源科学科に入り,講義を取ってしまうから不可率が高かったのだと思われる。また教官も大変癖のある方なので,それも災いしているのかもしれない。しかし最近,海洋資源科学科のGPAが上がったという噂があるので,不可率も減っていくかもしれない(2019年度は,物理がそれなりに出来る学生が多かったらしい)。ここだけの話,海洋物理やりたくて水産学部に入ったとしても,学部共通科目の2年生の生物の講義で大半はやられるかもしれない。海洋物理用の専用の数学の講義でも用意してほしい,マジで。あれはしんどいよ。海洋資源科学科の海洋物理に進む人間は,2年生くそつまらないけど,3年生から徐々に楽しくなり,4年生はパラダイスである。たぶん。後期入試で仮面浪人する前に,海洋物理を見てみよう。

図書館[編集]

令和2年度のコロナ禍を機にTwitterアカウントを開設し、臨時休館中の図書館サービスの利用法等の情報提供を行っている。再開後は空席情報を日々発信している。

Twitterアイコンはアマビエである。

再開を機に本館北図書館と同様に入退館記録をカードリーダーで取るようになった。

北水祭[編集]

水産学部単独で行われる函館キャンパス祭である。例年、体育の日の前後の2日間開催となっている。

2018~19年は台風の影響のため2年連続で1日目が中止となった。いずれの年も2日目は開催されたが、当初1日目のステージ発表に出る予定だったのに構内での路上ライブに変更を余儀なくされた学生もいた。

マグロ丼はやたら美味しい。学祭で出すものではないレベル。

サークル[編集]

水産学部公認のサークルが存在する。全学公認団体の支部的なものから、水産学部独特のサークルまで多様である。以下に主な水産学部公認学生団体を挙げる。

全学公認団体の支部的なサークル[編集]

北水独自のサークル[編集]

  • 鯨類研究会
  • 函館港町自習学館
  • 北水祭実行委員会

函館キャンパス近辺のグルメ[編集]

北大水産グッズ[編集]

水産学部では、おしょろ丸カレーやおしょろ丸グッズ、ガゴメ昆布石鹸をはじめ多彩なグッズが制作販売されている。水産学部以外の学部のグッズはほとんどないのとは対照的である。

販売拠点が函館になく、札幌キャンパスのインフォメーションセンターカフェdeごはんや北大生協会館で販売されている。一部グッズは通販で買える。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]



北大Wikiアクセス数
全期間 最近1週間
記事「水産学部」 474 9
北大Wiki全体 260,839 6,184

北大Wikiに関するお問い合わせはこちら