【広告】Amazonリンククリック後、何かを買うと北大Wikiの運営費になります

北大地図パズル紹介バナー

北大地図パズル】 あります


国際広報メディア・観光学院 メディア・コミュニケーション研究院

提供: 北大Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

国際広報メディア・観光学院/メディア・コミュニケーション研究院(こくさいこうほうメディア・かんこうがくいん/メディア・コミュニケーションけんきゅういん)は北大の大学院の一つである。教養棟に直結しているS研究棟、及びメディア棟に教室と研究室が入っている。特定の学部との繋がりがない(内部進学がない)ため知名度が低い。


概要[編集]

国際広報メディア・観光学院は学生が所属する組織であり、教員はメディア・コミュニケーション研究院、観光学高等研究センター、高等教育推進機構などに所属している。学院には国際広報メディア研究コースと観光創造研究コースがあり、その名の通りメディアと観光の2本柱で研究を行っている。

組織[編集]

国際広報メディア研究コースには以下の4講座がある。

  • 公共ジャーナリズム
この学院の中では最もお堅いテーマを扱っている。ジャーナリズム論、マイノリティ論、政治思想などを扱う。記者出身の教員もいる。
  • 国際広報論
広報・マーケティングやネットクチコミ・消費者行動、ブランドイメージが主な研究対象である。民間のシンクタンク出身の教員もいる。
  • メディア文化論
小説やアニメ・ドラマなどのサブカルチャーを題材とした文化研究、フィールドワークによる文化人類学的な研究ができる。
  • 言語コミュニケーション
言語について学ぶ。言語学自体よりも言語学習や日常会話の中での言語の使われ方などに重点が置かれている。

観光創造研究コースでは、アニメやドラマの「聖地巡礼」、観光地経営・マネジメントの手法、観光を通じた途上国への開発協力、観光と宗教の関係性など観光をテーマに幅広い分野を学ぶことができる。

学部・他学院との関わり[編集]

1年次の英語Ⅰ・Ⅱ・技能別演習第2外国語の担当教員の大半はこの大学院に所属している。その他に「観光創造学への招待」「メディアと観光への新たな視座」「北海道の観光戦略を考える」「調査報道入門」などの授業も教養科目として開講されている。 大学院では「デジタルコミュニケーション論演習」「広報・広告産業論演習」などが大学院共通科目に指定されており、他学院の学生も履修することができる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]



北大Wikiアクセス数
全期間 最近1週間
記事「国際広報メディア・観光学院 メディア・コミュニケーション研究院」 37 8
北大Wiki全体 588,161 6,255

北大Wikiに関するお問い合わせはこちら