Amazonリンククリック後、紹介商品に限らず何かを買うと北大Wikiの運営費になります

生物機能化学科

提供: 北大Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

生物機能化学科(せいぶつきのうかがくか)は農学部の学科の一つ。生物機能科学ではなく生物機能化学科である。実際、カガクとつく研究室は全て化学を用いている。

概要[編集 | ソースを編集]

二年生の後期から三年生の前期の期間に必修科目として学生実験が行われる。

学生実験[編集 | ソースを編集]

学生実験は3,4週間ごとに主催する研究室が変わり、その研究室に関係する内容の実験を行う。時間割上は月:実験A、火:実験B、水:実験無し、木:実験C、金:実験Dのようになっているが、実際は毎日継続して行う必要のある実験が多いため3,4週間平日の午後は毎日実験Aを行った後、3,4週間平日の午後は毎日実験Bを行うといった形態をとる。

例年は平日の午後は毎日一時から実験が終わるまで(遅くとも18時には終わる)学生実験があったようだが、2020年度は新型コロナウイルスの影響により学生実験室が密になるのを防ぐために学生を半分に分けて二部制にしたり、一日交代にしたり週交代にしたりと先生方が工夫をしてくださった結果、実質的な拘束時間が減少している。以前は器具の空き待ちにより拘束時間が長引くこともあったようだ。

ロッカー

実験時は白衣や持ち物を収納するために鍵付きの細長い金属製のロッカーを二人一組で使用する。さらに、学生実験室内に貴重品ロッカーも設置されている。防犯のため鍵はしっかりかけよう!!!!

特色[編集 | ソースを編集]

2020年度は新型コロナウイルスの影響により実施されなかったが、例年であれば学科としての研修旅行や楡陵祭への行者ニンニクを使用した餃子の出店(いずれも強制参加ではない)などが行われる予定であったそうだ。

総合理系から移行してきた人たちは移行点が高い。

後期入試組は人数が少ない分当学科の移行枠も数が少ないため、後期入試組の中で機能人気が高い年度は最低移行点が総理を超える場合もあるが、年度によっては3.0を切っていても移行できるとか。

授業[編集 | ソースを編集]

必修科目も選択科目も落単者が著しく多い科目はたぶんない。授業に来なかったり試験に来なかったり課題を出さなかったりしない限り再試験や救済措置をとってくれる講義が多い気がする。ただし、良い成績を得るためには努力が必要な科目も多い。

配属される研究室を決定する時に話し合いで決まらなければ二年次以降の必修科目の成績で決めるため注意が必要だ。(一年時の移行点が低かった人は助かったね。)

教科書[編集 | ソースを編集]

二年生進級時はシラバスに載っている教科書をとりあえず購入したが結局使用しなかった...高かったのに...という事件が発生する傾向がある。

文永堂出版の農学書シリーズであれば農学部図書館に数冊蔵書されている場合も多々あるので焦って購入しないように気を付けよう。(文永堂出版の農学書とは『○○学』や『○○学入門』といったタイトルで、役立つ内容であることは確かだが一冊3000円から5000円する本たちのことである。)

研究室[編集 | ソースを編集]

以下に挙げる10の研究室からなる。

関連項目[編集 | ソースを編集]



札幌農学校クッキーをこのリンクから買うと北大Wikiに寄付もできるし、クッキー売上の一部は北大生に向けた「きのとや奨学金」に充てられます。

北大Wikiアクセス数
全期間 最近1週間
記事「生物機能化学科」 96 29
北大Wiki全体 83,926 6,543