Amazonリンククリック後、紹介商品に限らず何かを買うと北大Wikiの運営費になります

総合理系

提供: 北大Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

総合教育学部理系(そうごうきょういくぶりけい)は北大の入試形態及びその試験で入学した学生の所属。総合理系と呼ばれることが多い。

概要[編集 | ソースを編集]

まだ大学をよくわからない高校生の段階で学部を決めるのではなく、大学で一年間すごしてから学部を決められるという一見とても良さげなシステムなのだが、移行点と呼ばれる一年生の平均GPAによってその後の人生を大きく左右されることになるのが現実である。受験が終わった学生がモチベーションを維持することはなかなか難しく、その結果プログラミングやアルゴリズムを考えることが好きな建築学生や生物めっちゃ好きな物理学科生、が大好きな保健学科生が誕生することとなる。移行点を上げるには授業にちゃんと出てテストで良い点を取る努力をすることはもちろん重要なのだが、必修・選択必修科目においてはどの教員の授業にあたるかという運要素(いわゆる「教員ガチャ」)も相当部分の要因を占めている。

選抜群[編集 | ソースを編集]

総合理系は国際総合入試と前期入試の2通りの募集方法がある。

前期入試で総合理系を志願する受験生は、出願時に以下の選抜群から1つを選んで出願しなければならない。尚、国際総合入試は選抜群がない。

  • 数学重点選抜群
  • 物理重点選抜群
  • 化学重点選抜群
  • 生物重点選抜群
  • 総合科学選抜群

各選抜群の大きな差異は募集定員と傾斜配点である。また選抜群によって前期入試で指定される試験場が異なる。

合格者はTwitterで合格報告する際、「北海道大学 総合理系 ○○重点選抜群に合格しました #春から北大」と記載したツイートを行う者が多い。

合格後、入学式前の健康診断で各選抜群毎に受診すべき日時は異なるが、健康診断以降は選抜群に分かれて何かを行うという事はなく、選抜群は意味が無くなる。

関連項目[編集 | ソースを編集]



札幌農学校クッキーをこのリンクから買うと北大Wikiに寄付もできるし、クッキー売上の一部は北大生に向けた「きのとや奨学金」に充てられます。

北大Wikiアクセス数
全期間 最近1週間
記事「総合理系」 259 22
北大Wiki全体 83,947 6,566