【広告】Amazonリンククリック後、何かを買うと北大Wikiの運営費になります

北大地図パズル紹介バナー

北大地図パズル】 あります

楡陵祭ファイヤートルネード事件

提供: 北大Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

楡陵祭ファイヤートルネード事件(ゆりょうさいファイヤートルネードじけん)とは、2018年の北大祭において1年生の出した模擬店で起きた小火。

概要[編集]

2018年6月1日14時頃、北大祭において基礎クラス1年生が出している模擬店でボヤが発生し、消防車が出動する騒ぎとなった。けが人等は出なかったが、辺り一帯は煙に包まれた。

当該模擬店が「トルネードポテト」を販売していたことから「ファイヤートルネード事件」と語られている。

札幌市消防局の現場検証によれば、揚げ油の過加熱による発火が原因であるとされ、油の入った鍋とテントの距離が近かったために燃えてしまったものとされている。

当該模擬店は出店停止の処分を受けた。

出火場所[編集]

出火した模擬店のおよその位置はメインストリートの東側、医学部図書館前のあたりである。

地図を読み込み中...

その後の影響[編集]

ファイアトルネードによる令和元年度以降の模擬店への影響は以下の通りである。

  • 各模擬店にて「防災・衛生指導者」を新設。
  • 模擬店間の間隔を広く開ける。これによって、模擬店数は減少。
  • 全模擬店で消火器設置義務化。→その後撤回され、2店で1つの消火器設置となった。
  • 各出店団体が支払う分担金の値上げ。
  • 1年目クラスへのサポートとして「楡陵祭アドバイザー」を新設。(試行措置)
  • 落選団体の翌年度優先出店権廃止。(これまでは企画出店の抽選に落選した団体に翌年度の優先出店権が付与されていたが、模擬店数減少により抽選倍率が高くなり落選団体が多く見込まれるため)
  • 企画責任者または防災・衛生指導者の常駐義務化。


北大Wikiアクセス数
全期間 最近1週間
記事「楡陵祭ファイヤートルネード事件」 1,457 87
北大Wiki全体 452,223 5,411

北大Wikiに関するお問い合わせはこちら