【広告】Amazonリンククリック後、何かを買うと北大Wikiの運営費になります

北大地図パズル紹介バナー

北大地図パズル】 あります

金葉祭

提供: 北大Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

金葉祭(こんようさい)は毎年10月下旬に札幌キャンパスイチョウ並木にて開催されるイベント。

概要[編集]

2012年より始まった恒例イベント。夜間ライトアップが目玉企画で、コロナ禍以前は点灯式に北大のゆるキャラが集結していた。他に模擬店や自然工作教室、音楽系の学生団体によるステージ発表などの企画も開催される。

「こんちゃん」という狐のキャラクターが金葉祭公式キャラクターである。

2019年は北大が来場者に危害を加える旨のメールが届いたことを受け、開催中止となった。金葉祭脅迫事件を参照。

2020~2021年は完全オンライン開催となり、ライトアップのみ配信された。

2022年は完全対面開催となった。歩行者天国エリアに一度に留まれる人数を1000人以内とするものの、同年の北大祭で導入されていた事前予約制はとらない。ただし、ライトアップ企画の開始時間に観覧を希望する場合、当日整理券配布制となる。他に2018年以前と異なる点として、歩行者天国エリアは13条門からメインストリートへの一方通行となること、飲食模擬店は寄付制ではなく定価制となり食券の購入を要すること等が挙げられる。また、例年カフェプロの企画である「銀杏並木カフェ」が同時開催されていたが、2022年は金葉祭とは別日程での開催となった。

問題点[編集]

金葉祭期間のみならず、その前後にも北大構内に観光客が大挙して押し寄せる。平日はイチョウ並木通りの交通規制を実施しておらず、観光客が車道に出てインスタ映えを狙う写真撮影を行い、あわや接触事故になる事態が多発する。

北大の「学生の声」にて観光客に対する不満や意見がこの時期に多数投書されるが、大学当局の対応はまだ十分とは言えないのが現状である。

備考[編集]

北大祭の「金葉祭夏色ライトアップ」という企画で、金葉祭と同様のイチョウ並木の夜間ライトアップを行っている。

関連項目[編集]



北大Wikiアクセス数
全期間 最近1週間
記事「金葉祭」 438 14
北大Wiki全体 544,142 3,754

北大Wikiに関するお問い合わせはこちら