北大地図パズル紹介バナー

Amazonリンククリック後、紹介商品に限らず何かを買うと北大Wikiの運営費になります


北大地図パズル】 できました 挑戦者求む

サイエンス誌論文撤回事件

提供: 北大Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

サイエンス誌論文撤回事件(サイエンスしろんぶんてっかいじけん)は化学反応創成研究拠点の研究チームの一つが、米科学誌『サイエンス』に掲載された論文を取り下げた事件。

概要[編集]

ICReDD所属の研究チームの一つ(教授は理学部化学科兼任)は、令和4年4月29日の米科学誌『サイエンス』で、2020年8月に発表した論文を撤回した。[1]

撤回理由は実験データの改竄によるものとみられる。

北大は今後調査委員会が設置され、研究不正の有無等の調査が行われる予定であるとの報道がある。

関係者の対応[編集]

北大は令和4年4月29日付けのプレスリリースにて、当該事実を公表した。また、取り下げた論文を基にする令和2年8月29日付けのプレスリリース「脂肪酸を有用物に変換する画期的な⼈⼯触媒を開発〜化学原料のバイオマス転換で持続可能社会への貢献に期待〜」を撤回した。

当該研究チームの主宰教授は、研究室のホームページにて当該事実を公表し、関係各位各所に多大な迷惑を掛けたことを謝罪した。

脚注[編集]

関連項目[編集]



北大Wikiアクセス数
全期間 最近1週間
記事「サイエンス誌論文撤回事件」 90 24
北大Wiki全体 436,741 5,250

北大Wikiに関するお問い合わせはこちら