北大地図パズル紹介バナー

Amazonリンククリック後、紹介商品に限らず何かを買うと北大Wikiの運営費になります


北大地図パズル】 できました 挑戦者求む

クラスマッチ

提供: 北大Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

クラスマッチは北大新入生を対象として体育館で行われる運動会。

概要[編集]

例年ゴールデンウイーク中に開催される新入生限定の運動会である。基礎クラス単位で臨む数少ない行事。全体を赤・緑・青の3つの連合に分けて行われる連合ダンスは名物で、その練習を通じて男女の仲を深める者もいるらしい。

クラスマッチ出場にあたり、各クラス単位で連合の色を地にしたクラスTシャツを作成し、競技中常に着用する。Tシャツのデザインの審査があり、最優秀クラスには賞品が授与される。また、北大祭で模擬店のシフトに入る際にクラスTシャツを着用するクラスが多い。

参加資格[編集]

北大体育会主催であるこの行事は8000円の入会費 (年間2000円計算で、多くの学生は4年分、水産学部学生は2年分の4000円) を払って体育会に入会しなければ参加できない。体育会への入会は義務ではない。しかし、クラスマッチは友達作りの貴重なチャンスであり多くの学生が体育会に加入する。

新入生限定の運動会であり、留年した2年目1年生は原則として参加できない。

一学年2500人から集められた2000万円にも及ぶ資金は北大の運動部に割り振られることとなる。一般学生でもテントやスキー板を借りられたり、学内体育大会に無料で参加できるという特典はつくものの、その恩恵の多くは運動部に所属していなければ受けられない。なお、北大公認運動部に入る場合体育会への入会は必須である。

種目[編集]

年度によって変動があるが、主なものを挙げる。

  • 女子力綱引き
  • 多種目リレー
  • 連合ダンス
  • 騎馬戦

エピソード[編集]

2017年は、特別学部1年生のonちゃんがクラスマッチに参加した。

実情[編集]

基礎クラスというものは存在するものの、高校のようにクラス全員が毎日顔を合わせることも一緒に講義を受けることもないので、ダンス練習を数回やっただけで誰が誰だか分からないままクラスマッチ本番を迎える。 そのため欠席率は非常に高くクラスによっては半分以上が来ないことも。 しかし実はクラスマッチには何故か有名企業が複数スポンサーとしてついているので参加景品は少し豪華(QUOカード1000円分やペットボトルドリンク数本等々)であるから"タダ"に目がない人は参加すると良いだろう。もっとも体育会への入会に8000円払っているわけであるが… クラスマッチ後の打ち上げはクラスによってあったり無かったりする。

問題点[編集]

クラスマッチ委員の選出は現在はクラスオリエンテーションで行われているが、体育会に入会しなかったりクラスマッチに出ない学生もクラスにいる中で選ぶのはどうか、体育会入会者だけ集まってその中で選ぶべきだという意見がある。

慣れない北海道という土地に来た新入生を「友達出来るよ」などという言葉で体育会に入会させ、クラスマッチに参加させるが、このイベントの最大の目的は「8000円の強制徴収」である。そのため、他の旧帝の体育会に比べて非常に潤っているらしい。ネット上には「1学年の基礎クラスの友達とは、2年生後も交流するから、クラスマッチは非常に重要」と書いてあるブログもあるらしいが、真っ赤な嘘である。そもそも友達は他のイベントでもたくさんできるし、学部専門授業始まったら、ほぼ学部の友達としか関わらない(別に関わらなくてもよいが)。1年生の頃関わった大半の人間とは疎遠になる。

ちなみに、「一般学生でもスキー板を500円で借りれられる」というメリットをやたらデカい声で宣伝している。一般的な札幌のスキー場でレンタルすると5500円程度だが、 【1回借りる】 8000+500円 > 5500円 【2回借りる】 8000+1000円 < 11000円 であり、2回以上レンタルするならお得かもしれない。ただ、スキー場レンタルでは「その場で借りてその場で返す」ことができるので、一概に比較はできない。体育会で借りると「運ぶ手間」「綺麗にして返す手間」もかかる。当たり前だが、大半の学生は体育会から一度もスキーをレンタルすることなく卒業する。

コロナ禍により、クラスマッチ開催が難しくなり、新入生が体育会から8000円を毟り取られることが無くなった、コロナ禍における数少ないメリットである。(北大祭のツケ並に)十分おかしいイベントであるので、これを機に無くすべきだという声も多数出ている。

関連項目[編集]



北大Wikiアクセス数
全期間 最近1週間
記事「クラスマッチ」 1,058 15
北大Wiki全体 436,844 5,353

北大Wikiに関するお問い合わせはこちら