北大地図パズル紹介バナー

Amazonリンククリック後、紹介商品に限らず何かを買うと北大Wikiの運営費になります


北大地図パズル】 できました 挑戦者求む

学芸員リカレント教育プログラム

提供: 北大Wiki
2020年12月16日 (水) 23:20時点におけるBlue Spring (トーク | 投稿記録)による版 (→‎主な事業)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

学芸員リカレント教育プログラム(がくげいいんリカレントきょういくプログラム)は、学芸員向けの学び直しのための3年制の履修プログラムである。通称「学藝リカプロ」。

概要[編集]

プログラム開設にあたり、文化庁の助成を受けている。

運営は文学研究科が担っているが、学外の実務家及び学内のあらゆる学部や院から講師が出講している。活動内容がCoSTEPに似ていることもあり、CoSTEPとの結び付きもある。また、学藝リカプロで行われる講義は、受講生によって後日公式サイトに講義レポートが掲載される。

シンポジウムを定期的に開催し、毎年3月に成果報告会が開催される。

主な事業[編集]

学藝リカプロが開催した主な事業に、工学部建築都市コースの小澤先生とコラボした「くみたて和室」がある。

平成30年8月26日、演劇『OKHOTSKー終わりの楽園ー』を開催した。

令和2年度は、学藝リカプロ受講生が主催する企画展「DISTANCE #学びと距離の物語」を、総合博物館にて開催した。

令和2年12月より新たに公開講座「To the Future Museum」を全5回に渡りオンライン開催する。



北大Wikiアクセス数
全期間 最近1週間
記事「学芸員リカレント教育プログラム」 73 2
北大Wiki全体 259,260 5,774

北大Wikiに関するお問い合わせはこちら