Amazonリンククリック後、紹介商品に限らず何かを買うと北大Wikiの運営費になります

薬草園

提供: 北大Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

薬草園(やくそうえん)は札幌キャンパス12条門近くにある施設。

概要[編集 | ソースを編集]

薬学部付属の薬草園。いろんな薬草がある。噂によるとチョウセンアサガオもあるらしい。チョウセンアサガオは世界で初めて全身麻酔を成功させた華岡青洲が主成分として用いたことで有名。この麻沸散を完成させるため華岡青洲は嫁と母を実験台に使い母は死亡、嫁は失明している。日本麻酔学科のシンボルマークである。強力な幻覚作用があるにも関わらず所持規制がされていないのはことごとくバットトリップするためジャンキー達に不人気であるためである。ちなみに、華岡青洲の子孫が札幌に在住しており北大近くの華岡青洲記念病院で勤務している。

関連項目[編集 | ソースを編集]



札幌農学校クッキーをこのリンクから買うと北大Wikiに寄付もできるし、クッキー売上の一部は北大生に向けた「きのとや奨学金」に充てられます。

北大Wikiアクセス数
全期間 最近1週間
記事「薬草園」 23 2
北大Wiki全体 84,906 6,264