北大地図パズル紹介バナー

Amazonリンククリック後、紹介商品に限らず何かを買うと北大Wikiの運営費になります

北大地図パズル】 できました 挑戦者求む

エクセレント・ティーチャーズ

提供: 北大Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

エクセレント・ティーチャーズは、北大の教員表彰の一つである。

概要[編集]

北大の各学部は、学生によるフィードバックの一環として、各学部にて授業アンケートを実施している。

うち、総合教育部で行われる授業アンケートは各講義の最終回で実施され、学生が授業内容を5段階評価したり、自由回答を行う等してELMSで回答する。授業内容の評点の高い専任教員をエクセレント・ティーチャーズに選出する。選出数は文系15人、理系15人である。

一般教育演習主題別科目など教員の個性が出る科目から、英語Ⅰや理系基礎科目など共通シラバスで行われる科目まで、全科目がエクセレント・ティーチャーズの対象である。ただし、アンケート提出数9人以下の講義は対象外である。

エクセレント・ティーチャーズの結果は翌年度に公表される。うち、各科目上位の7~8人はシラバスや講義で工夫したこと、学生の自由回答を報告書にまとめ公表する。

鬼仏表で低評価された教員がエクセレント・ティーチャーズを受賞することもある。例えば主題別科目の歴史の視座「昭和戦前期の日本政治」は鬼仏表では酷評されていたが、令和元年度のエクセレント・ティーチャーズに輝いた。

特筆すべき受賞者[編集]

  • 川本思心准教授:主題別科目「北海道大学の今を知る」は、平成28年から4年連続受賞。
  • 高橋保教授:一般教育演習「有機合成触媒科学体験コース」で複数回受賞。研究室で実際に行われている実験を1年生が行う。平成26年はノーベル化学賞受賞者の根岸英一氏の前で発表を行った。

関連項目[編集]



札幌農学校クッキーをこのリンクから買うと北大Wikiに寄付もできるし、クッキー売上の一部は北大生に向けた「きのとや奨学金」に充てられます。

北大Wikiアクセス数
全期間 最近1週間
記事「エクセレント・ティーチャーズ」 108 0
北大Wiki全体 141,332 5,083

北大Wikiに関するお問い合わせはこちら