Amazonリンククリック後、紹介商品に限らず何かを買うと北大Wikiの運営費になります

都ぞ弥生

提供: 北大Wiki
2021年2月25日 (木) 11:28時点におけるEditor (トーク | 投稿記録)による版 (YouTubeサイズの変更、DEFAULTSORTの追加)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

都ぞ弥生(みやこぞやよい)は恵迪寮の明治45年度寮歌である。作歌は横山芳介、作曲は赤木顕次。

概要[編集]

学外者から「都ぞ弥生は北大校歌である」との誤解を受けることがあるが、「永遠の幸」という校歌が別に制定されている。

歌詞は5番まであるが、ほとんどの場合1番のみ、または1番と2番が歌われる。フルコーラス歌うのは、北大祭のフィナーレや恵迪寮の行事などに限られる。 卒業式でも式次第の中に「都ぞ弥生斉唱」というものがあり、歌う時間が設けられている。

恵迪寮では明治40年から毎年寮歌を作り続けており、すでに100曲以上の歌があるが、なぜか「都ぞ弥生」は寮生に限らず、部活動などを中心に全学的に歌われている。 明治40年の最初の寮歌ではなく、明治45年の寮歌が歌われているのは謎である。

新入生と「都ぞ弥生」[編集]

北大の新入生は、クラスマッチで初めて「都ぞ弥生」と「永遠の幸」を歌う。そのため、クラスマッチのダンス練習と並行してこれらの歌を練習する。

令和2年度新入生は「都ぞ弥生」を練習する機会がなかったため、「都ぞ弥生」を歌えない者も多い。

いろいろな「都ぞ弥生」[編集]

「都ぞ弥生」はいろんな場面で歌われており、世代や団体によって歌い方が異なることが多い。 自転車競技部ではフレーズの間を伸ばす歌い方をしたりするなど、様々である。

以下は北大合唱団が歌う「都ぞ弥生」で、冒頭の寮生が歌うものとは趣が異なる。

関連項目[編集]

  • 応援団 : 主に応援団によって歌唱指導が行われる。
  • モデルバーン : 寮歌指導会場としてよく使われる。


札幌農学校クッキーをこのリンクから買うと北大Wikiに寄付もできるし、クッキー売上の一部は北大生に向けた「きのとや奨学金」に充てられます。

北大Wikiアクセス数
全期間 最近1週間
記事「都ぞ弥生」 118 6
北大Wiki全体 137,454 6,018