水産学部・水産科学院・水産科学研究院

水産学部・水産科学院・水産科学研究院(すいさんがくぶ・すいさんかがくいん・すいさんかがくけんきゅういん、英語: Faculty of Fisheries Sciences)は北大の学部・研究科の一つ。お魚だけを扱うわけじゃない。

概要編集

北極にも行ける大きな船を持つ学部。 総理から水産に行くことを「函館に飛ばされる」「左遷される」と呼ぶ(こともある)。

水産学部として国内ではトップレベルにもかかわらずこんなに移行点が低いのはひとえに「函館にあるから」である(※1)

学生からの人気はあまりないように思えるが、産業受けするために就職先に関しては工学部に次ぐとも言われる。やたら「水産学部が小樽ぐらいにあったら俺も行くんだけどな」という言葉を耳にする。

休日にすることといえば函館山に登るかラッキーピエロを食べるくらい。函館って何あるの?と聞くと、函館民は壊れたように「ラッキーピエロ、ラッキーピエロ」と繰り返す(※2)

一度行ってみるとわかるが、函館は一言で言うと「札幌まで五時間かかる小樽」である。しかし、新幹線の開通によって本州(特に東北地方)へのアクセスの楽さは札幌の比ではないし、のんびりした雰囲気も夜景も心を穏やかにしてくれるので札幌に疲れた人は函館もありかもしれない。

なお、研究室によっては四年生で札幌へ帰ってくることが可能である(海生の極一部、教員の配置転換によっていくらでも変わる可能性あり)。

実は医学部に続いてお金を持っている学部…らしい。確かに船も所持(1日船を出すと燃料代だけでウン百万かかる)しており、研究棟も新しい。噂だが、何度か札幌移転の話が上がった際、函館市に止められている。函館市と結構ズブズブな関係ということであり、函館キャンパス内は、高そうな建物が結構建っている。

「ダーウィンが来た」に出たことある先生が多い。

北大?がいつの間にか作っていたLASBOSというサイトでは,画像とともに水産学部の研究や講義の内容が分かることもある。是非見てみよう。また,YouTubeチャンネル北海道大学バランスドオーシャンでは,おしょろ丸紹介や,最近は海洋資源科学科,資源機能化学科の紹介動画もあるので,観てみよう。

※なお,最近は必修ではないので,船に乗らずとも卒業は可能である。大抵の人は乗って卒業するが(単位貰えるし,その他諸々の理由による)。

除け者にされてしまう水産学部編集

水産学部は札幌キャンパスで差別や偏見を受ける事が時々みられる。例えば、総合理系生を対象に授業中に行われた希望移行先を尋ねるアンケートで、水産学部が抜かされていたり、北大祭の理系タピオカの模擬店のメニューで、総理タピオカや他の理系学部タピオカがあるのに水産タピオカだけ無い等の例がある。なお、同模擬店では後で水産タピオカがメニューに追加されたが、水産タピオカだけ売れ残ったことを付加しておく。

札幌キャンパスの学生に差別されるのは全員慣れっこだが、事務、生協にも差別されることが多いらしい。

例えば、水産の某先生が、札幌キャンパスのスパコンを申し込む際、使い方などを聞くと「それは札幌まで来てください」とありえない態度を取られたと言う。仕方がないから京都大学のスパコンを使っているらしい(京都大学のスパコンは、函館で完結した)。

他にも、生協でAdobeのソフトを安く入手できるポスター広告があったが「パソコンを札幌キャンパスまで持ってこい」と、ありえなさ過ぎる対応である。これに対して意見を言った学生がいたが、その翌日ポスターが外されたらしい。

就活イベントなども、基本的には札幌を中心に行われるため不便である。言うほど函館での日常生活は不便ではない、むしろ札幌の住む場所によってはお店が充実している。就活イベントなどは仕方ないが、事務、生協が差別するのは、いかがなものかと思う(※3)

とても良い学部水産学部編集

ぶっちゃけ水産学部の良さなんて卒業してみないと分からない,高校生,大学1年生には分かりっこない。卒業した人間の(たぶん)9割くらいは,本当に良い学部だったと言っている。

海の研究をしたい(そんな高校生・大学1年生は極少数だと思うが)場合,水産学部はおしょろ丸,うしお丸を持っているため,運が良ければ自分の研究に合わせて観測線を引いたりなど,とんでもないありえない贅沢ができる。他大学・他学部じゃ厳しい,船を1回出すだけでとんでもない金がかかるのだから。水産学部生は船に格安または無料で乗れる(TAなら給料貰える)が,他大学生が乗るとなるとこれまた結構な金がかかる(おしょろ丸・うしお丸は他大学生も高い金出して乗る)。

就職が良いとよく言われるが,マジである。大半の企業は書類で落とされることはないだろうし,水産学部で普通に生活していれば面接で話すことなんて大量に生成される。企業は大学時代頑張ったこと「ガクチカ」,(修士で就活する場合)研究内容は絶対に聞いてくる。まずこの必須内容で落とされることは無い,後は自己分析や企業分析さえできれば大半の企業は大丈夫だと思われる。あなたが,心から入りたいと思えた企業には,たぶん入れるはずだ。もちろん、本人の努力次第でもあるが。

ドクター行って研究者目指すのもアリ!

色々な理由で水産学部入ったと思われる。「釣りが好き」「海の生き物を極めたい」「化学を極めたい」......「偏差値足りなかった」「共通テスト(センター試験)失敗した」。あんまり目はキラキラさせないで入学しても大丈夫だ,そんな人がほとんどだ。でも勉強など学生生活を頑張れば,それなりに幸せな人生は歩める,たぶん。

(※1)最近?水産学部のイメージ戦略が功を成したのか,そうも言ってられなくなった……詳細は色々検索すると分かる。簡単な学部だと思って舐めてかかってはいけない。 水産学部の例年の倍率は3倍程度である。気分が乗らず入学した人間も多いと思うが(入学後蹴って他大学へ行った人間を何人も見たが),毎年水産学部に入れず涙を流した人間は350人ぐらいいることをお忘れなく。

(※2)バス一本で一応街中五稜郭には行けるし,ラッキーピエロ以外にも美味しいお店はたくさんあるので安心してほしい。札幌に比べたらショボいが,美味しい店は多い。

(※3)新型コロナウィルスが流行ったことにより,面接などもオンラインで済まされることが増えたため,函館に住んでても札幌,関東の人間と比べて就活格差は大分縮まったと思われる。水産生が受けるような会社は,選考が始まって対面面接だったとしても,大方交通費出してくれる。

学科編集

編集

講義編集

理由は不明(?)だが,露骨に数学物理の講義が少なく(昔は海洋,工学系学生用等のために,たくさんあった,応用数学など)大学2~3年の頃は,一体何を勉強させられているんだという感覚に陥る。 海洋系,工学系に進もうと考えている人は,比較的暇な大学2年生の頃に(大学3年はそれなりに忙しい),最低限の数学,物理は勉強しておくことが望ましい。 大学の図書館に,講談社のブルーバックスがあるはず。「今日から使える物理数学」や「高校数学で分かる~」などの本なら,勉強が苦手な人でも読めるので,是非読んでみるべき。

環境科学院など,外部の大学院を考えている人なら,基本的な微分方程式,ベクトル演算,行列......等は出来ないといけない。初歩の初歩で良い。)

何なら,水産学部は4単位まで他学部履修が認められているため「物理数学」など水産で開講されない数学の講義を2年で取ると本当に良いと思われる。どんな大学院でも,基本的な数学知識は問われるが,何故か水産では関連する講義がないため(というか数学の先生がいないため)どちらにせよ自分で勉強しなくてはならない(一部教えようと頑張っている先生はいるが,専門ではないため限界がある)。

講義の成績分布は,無くなってしまったgsearchの代わりに新たにiNAZOで見やすく検索できるので、参考にすると良い。

図書館編集

令和2年度のコロナ禍を機にTwitterアカウントを開設し、臨時休館中の図書館サービスの利用法等の情報提供を行っている。再開後は空席情報を日々発信している。

Twitterアイコンはアマビエである。

再開を機に本館北図書館と同様に入退館記録をカードリーダーで取るようになった。

北水祭編集

水産学部単独で行われる函館キャンパス祭である。例年、体育の日の前後の2日間開催となっている。

2018~19年は台風の影響のため2年連続で1日目が、2022年は2日目が中止となった。いずれの年も他の日は開催されたが、当初1日目のステージ発表に出る予定だったのに構内での路上ライブに変更を余儀なくされた学生や、最後の学祭に出演する機会が失われた最終学年の学生もいた。2022年の「魚の真似コンテスト」等、幻となった企画もあった。

マグロ丼はやたら美味しい。学祭で出すものではないレベル。

サークル編集

水産学部公認のサークルが存在する。全学公認団体の支部的なものから、水産学部独特のサークルまで多様である。以下に主な水産学部公認学生団体を挙げる。

全学公認団体の支部的なサークル編集

北水独自のサークル編集

  • 鯨類研究会
  • 函館港町自習学館
  • 北水祭実行委員会
  • 北水ラジオ部
  • 北海道大学海洋開発研究会

函館キャンパス近辺のグルメ編集

北大水産グッズ編集

水産学部では、おしょろ丸カレーやおしょろ丸グッズ、ガゴメ昆布石鹸をはじめ多彩なグッズが制作販売されている。水産学部以外の学部のグッズはほとんどないのとは対照的である。

販売拠点が函館になく、札幌キャンパスのインフォメーションセンターカフェdeごはんや北大生協会館で販売されている。一部グッズは通販で買える。

関連項目編集

外部リンク編集



北大Wikiアクセス数
全期間 最近1週間
記事「水産学部・水産科学院・水産科学研究院」 3,006 31
北大Wiki全体 552,492 4,026

北大Wikiに関するお問い合わせはこちら