【広告】Amazonリンククリック後、何かを買うと北大Wikiの運営費になります

北大地図パズル紹介バナー

【ゲキムズ?】 北大地図パズル


一般教育演習

提供: 北大Wiki
2023年7月31日 (月) 21:22時点における153.211.184.131 (トーク)による版 (→‎有名なフレセミ)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

一般教育演習(いっぱんきょういくえんしゅう)とは全学教育科目における科目の一つ。副名称はフレッシュマンセミナーで、フレセミと略す北大生が多い。

概要[編集]

一般教育演習とは、他大学の初年次ゼミに相当する少人数制のアクティブラーニングである。

一般教育演習は昭和時代から存在する伝統のある授業である。古くは受講学生の人数制限を設けず、少人数制教育なのに受講者が100名を超えるものも存在していたが、現在は定員23名と制限している。

授業内容は、基礎科目などの補習的なものから各先生の専門領域まで多岐に渡る。担当教官は各学部に加え、研究所系の先生も出講している。どの授業を取るかは学生が自由に選べる。殆どの授業でプレゼンテーションが課され、他の授業に比べ課題は多いが、期末試験を行わずにプレゼン内容やレポート等で絶対評価を行う授業が多く、履修相談で楽単情報が飛び交う科目の一つとなっている。

一般教育演習の授業の中には長期休暇中に集中講義で開講されるものもあり、農学部水産学部担当の集中講義はアウトドア型の授業がメインで人気も高い。2019年度は、道内の農村や田舎での合宿を取り入れたフレセミの開講が増えている。

「~への招待」という科目名の授業が多い。

有名なフレセミ[編集]

  • 蛙学への招待
蛙学(あがく)と読む。カエルの生物学的な知識を学ぶのはもちろんだが、それ以上にカエルの解剖実習や、学生のグループによる反転授業が課される。反転授業では文献調査や専門家へのインタビュー等、授業以外の下準備を丹念に行う事が求められ、フレセミ中1,2を争う忙しさの科目である。しかし、この授業をやり切ることで、今後研究者として生活するのに必要な問題解決能力を培う事ができ、やり甲斐のある授業とも言える。担当教授の退官のため現在は開講されていない。
  • 海のフィールドに出よう
  • 海のフィールドで試す
水産学部の練習船おしょろ丸に乗船し、夏休み期間に3泊4日で海洋物理学・海洋化学・海洋生物学の多様な実習や、イカ釣りやロープワーク、無人島上陸訓練等の訓練を行う。水産学部生は2年目以降おしょろ丸での授業があるから、水産学部生の履修は推薦されない。実習日の違いにより講義タイトルは異なるが、どちらも内容は同一である。
令和4年度シラバスによると、令和4年度は函館~小樽間の片道航路で実習が行われる予定であり、「海のフィールドに出よう」は函館発小樽行、「海のフィールドで試す」は小樽発函館行という違いであったが、新型コロナウイルス感染症感染拡大のため中止となった。
  • 北海道のフィールドで協同組合を学ぶ
夏休み開始直後の3日間行われる。1泊2日の合宿で道内の農業・漁業・林業・物流関連施設を見学した後、農協・漁連・生協・信組をはじめ道内の主要な協同組合を招いての講義を受ける。本講義は、メディアによる取材が入る。農学部が担当。

関連項目[編集]



北大Wikiアクセス数
全期間 最近1週間
記事「一般教育演習」 2,531 0
北大Wiki全体 732,917 0

北大Wikiに関するお問い合わせはこちら