プペペポピー事件

プペペポピー事件(プペペポピーじけん)とは、北大吹奏楽部による競馬場のファンファーレ事件である。

概要編集

2005年に北大吹奏楽部が札幌競馬場で、札幌記念という大レースでのファンファーレの招待演奏を引き受けていた。しかし当日に実際に行ったファンファーレ演奏は素晴らしいもので、北大の名声を著しく高めると共に、北大本部にまで苦情が殺到し炎上事案となった。

この事件の影響で、1番人気となっていたオペラシチーという馬が敗れ、人気薄の馬が上位独占、馬券は大波乱となり競馬ファンの失望と失笑を買った。

これ以降、mixiやTwitterでは、札幌競馬場に限らず全国各地の競馬場でファンファーレの生演奏が行われる度に、演者が誰であっても「北大うめぇぇぇぇぇ」「響け北大ユーフォニアム」等の書き込みがされ、すっかり伝説と化した。

たった1度の失敗が伝説を産んだ事件である。

気になった方はついでにYoutubeで「札幌記念 ファンファーレ」または「函館記念 ファンファーレ」と検索してみよう(どちらも同じファンファーレ曲になっている)。北大の演奏がどれほど素晴らしいものだったかが分かるし、自衛隊の演奏がどれほど素晴らしいものかが分かるだろう。

関連項目編集



北大Wikiアクセス数
全期間 最近1週間
記事「プペペポピー事件」 3,581 103
北大Wiki全体 262,176 6,006

北大Wikiに関するお問い合わせはこちら