寳金清博

寳金清博(ほうきんきよひろ)は、第20代目北大総長

人物・経歴編集

北大病院院長を歴任した後、令和元年9月に保健科学研究院に着任。

令和2年の総長選挙で、北大構内へのホテル誘致を主要な公約とし、総長に選出される。

医療技術短期大学部時代を含め、保健学科所属教授の総長輩出は初の快挙。

総長就任後、『「光」は「北」から 「北」から「世界」へ』をキャッチフレーズに所信表明を行っている。

令和2年12月、「寳金清博 特設サイト」を北大公式ホームページ内に開設し、情報発信や意見表明を行っている。これまでの総長にはない取り組みである。

「寳」の字について編集

殆どの新聞各紙やテレビ報道、北大新聞では「宝金総長」と表記している。

「寳」を「寶」と間違えられることがある。

エピソード編集

総長特設サイト内のコラム「北光一閃」内で、総長室にあるウィリアム・スミス・クラークの肖像画を怖がっている事を明かした[1]

大野英男・第22代目東北大学総長とは札幌南高校時代の同級生である[2]

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集



北大Wikiアクセス数
全期間 最近1週間
記事「寳金清博」 526 17
北大Wiki全体 260,854 6,199

北大Wikiに関するお問い合わせはこちら