化学反応創成研究拠点

化学反応創成研究拠点(かがくはんのうそうせいけんきゅうきょてん、英語: Institute for Chemical Reaction Design and Discovery)は、理学部化学科の先生らが中心となって2018年に立ち上げられた研究プロジェクトである。略称はWPI-ICReDD

概要編集

理論化学と情報学を融合させて新しい化学反応を創出する取り組みを中心に行う。教員は化学科の他に工学部情報理工学コース応用化学コース、生命科学院からも参加している。

年間7億円の補助金が10年間支給される、北大では数少ない大型プロジェクト。これによって化学科は元々金持ちだったのが、一気に金持ち度が増した。

多額の資金を元手に、ICReDDでは大量の教員や研究員が採用された。

ICReDD専用の建物はなく、創成研究機構に入居していたり、参加教員の研究室をそのまま使用している。

関連項目編集

外部リンク編集



北大Wikiアクセス数
全期間 最近1週間
記事「化学反応創成研究拠点」 103 7
北大Wiki全体 259,263 5,777

北大Wikiに関するお問い合わせはこちら