広告研究会.jpg

2020年の北大のできごと

提供: 北大wiki図鑑
移動先: 案内検索

1月[編集]

学食で他の北大生のゲーム機やゲームソフトを盗んだとして、北大2年生の男が窃盗の疑いで逮捕される。容疑者は他にも余罪があることを供述している。

2019年10月に公共政策大学院フェローに就任した香港の民主化リーダーの周庭が、出境禁止処分を受けているため任期中に来学できる目処が立たない事を公表。Twitter上では賛否両論の物議を醸す。

2020年東京五輪マラソン競技の実施にあたり、構内道路の補修費用を北大が支出する方向となる。これに対し、北大生や札幌市民のほぼ全てが批判している。

以上3件のできごとがほとんど同時に起こり、Twitter上で北大が一躍注目を浴びることとなる。

中国武漢市で発生した新型コロナウイルス感染症による肺炎について、医学部の西浦博教授が中国で既に5500人感染していると推計し公表する。後に西浦教授は感染者数を10万人に上方修正し、注意を呼び掛けている。

2月[編集]

令和元年の北大大学院生殺人未遂事件の犯人で執行猶予中の北大院生の男が、Twitter上で脅迫メッセージを送信した脅迫容疑で逮捕される。更に同月、留置場から脅迫文を送ったとしてこの男が再逮捕される。

カーリングサークルがカーリング日本選手権の男子出場権を獲得。日本選手権の予選トーナメントは1勝7敗と大敗し決勝リーグに進出できず。

ボーカロイド同好会がイベント「北大ボカロDJ」を開催し話題になる。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響で、卒業式後期入試など多数の行事が中止になる。中止になった行事の一覧は「新型コロナウイルス感染症」の項目参照。

主題別科目「ドイツ語圏の文化史」の最終レポートが教養棟のレポートボックスから盗難される。成績に大きく関わるレポートであったため被害にあった学生は成績開示とともに落単のD評価を目にすることとなった。成績に関する異議申し立ての結果盗難事件が発覚し、レポートの再提出とともに再評価がなされた。盗難事件について学務部からの公式なアナウンスは見られないが本来レポート管理の責任は事務にあるため今後の対策が注目される。

3月[編集]

前期入試の合格発表がホームページ上で行われ、ハッシュタグ「#春から北大」がTwitterでトレンド入りする。

文部科学省は、パワハラ問題に関し休職中の名和総長に対し聴聞を実施。

ファカルティハウス エンレイソウ内のレストラン「エルム」が、3月26日をもって閉店。

北大公式ホームページがリニューアル。

4月[編集]

百年記念会館の改修工事のため休業中だった北大マルシェ Cafe&Laboがリニューアルオープン。

北大病院で人工心肺の取扱ミスに起因する医療事故が発生。