2019年の北大のできごと

提供: 北大wiki図鑑
移動先: 案内検索

1月[編集]

米エドガー賞候補に、文学研究院の竹内康浩教授の『マークX』が選出される。同年4月、最終的には受賞を逃した。

道内出身者占有率問題をYahoo!トップニュースが報じる。

2月[編集]

さっぽろ雪まつりで北大病院看護部が定山渓温泉PR隊長かっぽんの雪像を制作し話題になる。

エボラ出血熱治療薬開発のためのクラウドファンディングが成功。Twitterでは「たかが400万円のカネも出せないのか」と、政府に対する批判が相次いだ。対照的に北大祭マスコットのふっとう君のクラウドファンディングは失敗に終わる。

北海道胆振東部地震の余震と見られる大地震が発生。北大では総合博物館の展示物の軽微な破損はあったが、大きな被害は報告されていない。この地震に関し鳩山由紀夫元首相や本学の学生等がデマツイートを流し、道警に流言飛語と認定された。

3月[編集]

前期入試地理で出題ミスが公表される。「新期造山帯」を「新規造山帯」と誤記。

北海道大学認定のお菓子の新商品「北大おかき」が発売開始。

北大公式ホームページがリニューアル。

4月[編集]

北大受験を志す少女を描いたNHK連続テレビ小説(朝ドラ)『なつぞら』放送開始。5月20日の放送内で夕見子が北大に合格し、同日に北大祭事務局より夕見子役を務める福地桃子が第61回北大祭にゲスト参加することが発表された。

北海道大学認定のお菓子の新商品「HOKUDAI Clark's Milk」クッキーとバウムクーヘンが発売開始。北大マルシェ Cafe&Laboらの商品開発による。この商品は、後に札幌市のふるさと納税の返礼品に指定される。

5月[編集]

令和元年に改元した直後の深夜、農学部が開発した無人トラクターが農場をデモンストレーション走行し、TBSで全国放送される。

文部科学省が、2020年度より実施される大学入学共通テストで導入される英語の民間検定試験について国立大全82校の活用予定を公表。79校が何らかの形で活用するとしている一方で、北大、東北大、京都工芸繊維大の3校は全学部で活用しないとしていることが明らかになった。参照:https://this.kiji.is/506983284706657377 https://archive.is/juxJ9 (記事のアーカイブ)

6月[編集]

北大生協でレジ袋有料化。

最南部に位置する生協会館横の、キャンパス外へと繋がる小道に設置されていた複数本のポールのうち1本が撤去される。 自転車で通り抜けようとするとほぼ確実にポールにペダルがぶつかって一旦降りざるを得ないため(1つには飛び出しを防止する目的で設置されていると思われるので役目を果たしていると言えるのだが)以前から疎まれていたのでTwitterでは歓喜の声が相次いだ。(付記:一部では予想されていた通り、翌日には即ポールが堂々復活した 追記:数週間にわたって抜き差しの愚かな攻防が繰り広げられた結果ポールは三角コーンとロープを用いてガチガチに固定されて終結した)

工学部で消火器が漏れる事故が発生。当初火事と思われたため通報により消防車14台が工学部に集まる。去年のトルネードポテト然り、6月の北大は消防署にお世話になるようだ。その数日後、北大生が経営するバー「チトリンサーキット」で火災が発生。

1年生の必修科目である英語II中間試験として実施されたTOEFLにおいて、一部の試験室で問題用紙への書き込みに関する指示ミスが発覚。該当者は追試により救済。

7月[編集]

ISの戦闘行為に参加しようとし、シリアへの渡航準備を企てた元北大生の男(31)が、私戦予備容疑で書類送検される。

学長選考会議にて文科省へ北大学長の解任を申し出ることが決定。解任が実現すれば、2004年度の国立大学の法人化以降、世界初の快挙となる。

北海道大学認定のベーカリー「函館ガゴメ もっちりボール」が全道のローソンで新発売。