2019年の北大のできごと

提供: 北大wiki図鑑
移動先: 案内検索

1月[編集]

米エドガー賞候補に、文学研究院の竹内康浩教授の『マークX』が選出される。同年4月、最終的には受賞を逃した。

道内出身者占有率問題をYahoo!トップニュースが報じる。

2月[編集]

さっぽろ雪まつりで北大病院看護部が定山渓温泉PR隊長かっぽんの雪像を制作し話題になる。

エボラ出血熱治療薬開発のためのクラウドファンディングが成功。Twitterでは「たかが400万円のカネも出せないのか」と、政府に対する批判が相次いだ。対照的に北大祭マスコットのふっとう君のクラウドファンディングは失敗に終わる。

北海道胆振東部地震の余震と見られる大地震が発生。北大では総合博物館の展示物の軽微な破損はあったが、大きな被害は報告されていない。この地震に関し鳩山由紀夫元首相や本学の学生等がデマツイートを流し、道警に流言飛語と認定された。

3月[編集]

前期入試地理で出題ミスが公表される。「新期造山帯」を「新規造山帯」と誤記。

北海道大学認定のお菓子の新商品「北大おかき」が発売開始。

北大公式ホームページがリニューアル。

4月[編集]

北大受験を志す少女を描いたNHK連続テレビ小説(朝ドラ)『なつぞら』放送開始。5月20日の放送で夕見子が北大に合格し、夕見子役の福地桃子が第61回北大祭にゲスト参加することが北大祭事務局より発表される。

北海道大学認定のお菓子の新商品「HOKUDAI Clark's Milk」クッキーとバウムクーヘンが発売開始。北大マルシェ Cafe&Laboらの商品開発による。

5月[編集]

令和元年に改元した直後の深夜、農学部が開発した無人トラクターが農場をデモンストレーション走行し、TBSで全国放送される。