総合教育部

提供: 北大wiki図鑑
移動先: 案内検索

概要[編集]

北大の新入生は入試形態を問わず1年間は総合教育部に所属する。授業の多くは教養棟で行われるが、一部の講義は学部棟で行われるものもある。

総合教育部1年目学生は基礎クラスに所属する。理系の基礎科目などは所属基礎クラスによって受講クラスが指定される他、クラスマッチ北大祭などの行事に参加する単位となる。

入学時に学部を決定しない入試形態[編集]

総合文系

総合理系

履修相談[編集]

大学当局と北大生協学生組織委員会の共催でMANAVI履修相談会が公式に開催されている。全体説明会で概要の説明を受け、不明点を解消できるよう個別相談会が後日開催される。メディカル系学部志望者は履修の仕方が複雑なので、医系説明会が別途開催される。

しかし、MANAVIは北大生が運営しているのに楽単情報などの大事な事は説明してくれない。そのため、各サークルでも新歓行事としての履修相談会が開催され、楽単情報やごっつぁん目当てに吸い寄せられる新入生は多い。

北大生協学生組織委員会のメンバーだけでは人出不足のため、毎年冬季(1月~2月ごろ)に当日スタッフの公募が行われる。

その他ラーニングサポート室やピアサポート室はいつでも相談を受け付けている。

また北大生協学生組織委員会が開設している匿名質問サービスの「質問箱」、及び「MANAVI@LINE」でも履修相談を受け付けている。

高大連携[編集]

2学期の5限になると、フレセミや総合科目の一部の授業で一般の学生に混ざって札幌市内の高校生が受講しに来ることがあり、Twitterでは「教室にJKが来た」等とTLが沸騰するのが風物詩となっている。

彼ら高校生は、北大と在籍高校との間で高大連携協定を結んで受講してきた受講生である。授業以外の特典として、一般の高校生は利用不可である北大図書館の利用が可能である。

その他、修学旅行で札幌を訪問した高校に対して授業を体験受講させる取り組みも行われている。大学進学者がきわめて少ない道外の商業系高校の体験講義の受講もみられ、体験講義に参加した高校からAO入試に合格することもある。

授業[編集]

一般教育演習

総合科目

主題別科目

共通科目 情報学Ⅰ 統計学 体育学

外国語科目 英語 ロシア語 第2外国語 外国語演習

基礎科目 人文・社会科学の基礎 線形代数学 微分積分学 物理学 化学 生物学 地球惑星科学 自然科学実験