物理学

提供: 北大wiki図鑑
移動先: 案内検索

概要[編集]

全学教養科目の物理学は、主として理系基礎科目の物理学Ⅰ・物理学Ⅱ、主題別科目の「文系のための物理学」「専門志向者のための物理学」が開講されている。他に自然科学実験での物理学カテゴリー、フレセミや総合科目での物理学関連科目や留学生向けに英語で行われるものもある。

総合理系の学生は、移行点に物理学ⅠとⅡの両方の成績が算入され、事実上の必修科目である。

物理学ⅠとⅡは基礎クラスや学生番号によって受講するクラスが決められている。クラスは約30クラスあり共通シラバスで授業が行われる。シラバスには「高校で物理基礎・物理を履修していることを前提としていない」との記載があるが、受験時に物理を選択しなかった生物選択者にとっては授業についていくのがきつい。不明点は担当教官やラーサポに質問に行き解決させる姿勢が求められる。なお、ラーサポでは物理学の授業の要点をまとめたプリントを配布している。

2018年度の夏休みにリメディアル教育としての物理補講が実施された。同年11月にも同様の内容の補講が開講された。

物理学Ⅰ[編集]

高校までの力学・波動の分野を扱う。共通教科書として「レベル別に学べる物理学Ⅰ」を使用する。

物理学Ⅱ[編集]

高校までの熱力学・電磁気の分野を扱う。共通教科書として「レベル別に学べる物理学Ⅱ」を使用する。

物理学Ⅰで学ぶ力学の知識を使うので、物理学Ⅰを履修しなかった人や落単した人は単位取得が難しい。

文系のための物理学[編集]

文系を対象とする主題別科目で、理系学生は履修できない。

シラバスによれば、生物物理学にについて書かれた書籍を輪読する形式で授業が進められるらしい。

専門志向者のための物理学[編集]

前期は「専門志向者のための物理学1」、後期は「専門志向者のための物理学2」が開講される。この講義は理系学生のみ履修可能であり、文系学生は履修できない。

物理学Ⅰ・Ⅱは微積を使わずに現象を理解し問題を解き進めるのに対し、この講義では説明にバリバリ微積を使う点が異なる。内容はハードで、理学部物理学科後期入学者でさえ落単する者もいる。

旧カリキュラムでは「物理学Ⅰ(上級)」、「物理学Ⅱ(上級)」というタイトルであった。