水産学部

提供: 北大wiki図鑑
移動先: 案内検索

概要[編集]

北極にも行ける大きな船を持つ学部。 総理から水産に行くことを「函館に飛ばされる」「左遷される」と呼ぶ(こともある)。 水産学部として国内ではトップレベルにもかかわらずこんなに移行点が低いのはひとえに「函館にあるから」である。学生からの人気はあまりないように思えるが、産業受けするために就職先に関しては工学部に次ぐとも言われる。 休日にすることといえば函館山に登るかラッキーピエロを食べるくらい。函館って何あるの?と聞くと、函館民は壊れたように「ラッキーピエロ、ラッキーピエロ」と繰り返す。一度行ってみるとわかるが、函館は一言で言うと「札幌まで五時間かかる小樽」である。しかし、新幹線の開通によって本州(特に東北地方)へのアクセスの楽さは札幌の比ではないし、のんびりした雰囲気も夜景も心を穏やかにしてくれるので札幌に疲れた人は函館もありかもしれない。なお、研究室によっては四年生で札幌へ帰ってくることが可能である。実は医学部に続いてお金を持っている学部…らしい。確かに船も所持しており、研究棟も新しい。

学科[編集]

海洋生物科学科

海洋資源科学科

増殖生命科学科

資源機能化学科


[編集]

おしょろ丸

うしお丸