文学部

提供: 北大wiki図鑑
移動先: 案内検索

概要[編集]

文学部では人文科学と呼ばれる学問を中心に学ぶ。「文学部って何を勉強しているの?」と思う人は多いだろうが、人それぞれ専門とする学問や分野は違うため医学部歯学部のように想像するのは難しい。しかしあえて言うならば「人間に関わること」「人間の精神や内部、あるいはそれによる産物」について学んでいる。歴史、言語、心理、地理、考古、文化、宗教など多岐にわたる。

学内有数の女性率を誇る。とはいえ、男女比はおおよそ1:1である。旧帝大だけを見ても名古屋大や東北大のような女子学生の多い文学部は存在するにもかかわらず、北大の男女比は1:1となっている。偏差値では遠く及ばない東京大や京都大に唯一対抗しうるのがこの男女比である。

組織・所属[編集]

文学部生はコースと講座に所属する。コースは卒業要件のバリエーション、講座は専攻群と考えると理解しやすい。一人ひとりが1つのコース・1つの講座に必ず所属するのだが、文学部生が真面目に自己紹介しようとすると「文学部人文科学科歴史学・人類学コース西洋史学講座の◯◯です。」というような長ったらしいことになってしまう。そのため講座名だけを名乗ることが多い。講座の中に複数の教員と彼らそれぞれの研究室が含まれ、2年次から研究室に所属することになる(講座によっては違う場合もあるらしい)。

・哲学講座
哲学者の思想から現代の社会問題について学び、考える。

・倫理学講座



・宗教学インド哲学講座



・芸術学講座
人が少ない。美術館学芸員になりやすいらしい。

・日本史学講座



・東洋史学講座
中国、アラブ地域を中心に学ぶ。

・西洋史学講座



・歴史文化論講座
歴史、文化人類学、アメリカ文化などを学べる。枠にとらわれない研究がしたい人には向いているかもしれない。おにゃの子が多い。とある先生の授業を受けると政治的な話がよく出てくる。

・北方文化論講座
3つの研究室があるが学部生はほぼ考古に集中し、ほか2つに進む学生はかなりレアである。総合博物館の文学部展示は北方文化論講座のものが大半を占める。

・スラブ社会文化論講座
学部生は受け入れていないはずである。正直、この項目を作るまで存在を忘れていた(ごめんなさい)。

・西洋言語学講座



就職[編集]