北海道地震デマ拡散事件

提供: 北大wiki図鑑
移動先: 案内検索

平成31年2月21日に発生した胆振地方中東部地方の大地震の際に北大生達一斉にSNS上で「#北大は核実験をやめろ」のタグを拡散させた事件。 大学が長期休みに入り、成績開示が行われた直後に2度(夏季、冬季)も大きな地震が発生したことから、北海道でたび重なり起こる大地震は、北海道大学が関与しているのではないかという陰謀論が広まった。「成績の異議申し立てに怒った教授陣が学生を戒めるために地下核実験を行なった。」、「大学が長期休暇に入り、ダレる学生達が増えることを警戒し、戒めとして核実験を行った」等、あらゆる憶測が飛び交い、一時的に情報の錯綜を引き起こし、鳩山由紀夫元総理までもがSNS上で北海道地震陰謀説を提唱する事態が起きた。 この事態を経て、Twitter上での「#北大は核実験をやめろ」のタグは北海道警察からデマ情報の認定を受けた。北海道地震デマ拡散事件