北大祭事務局

提供: 北大wiki図鑑
移動先: 案内検索

概要[編集]

100人ほどで構成される大学公認の学祭運営サークル。一番多いのが一年目で大半が6月の北大祭が終わるとやめていく。ここで残った二年目が次の年の北大祭運営の中心となる。部費などはないがやりがい搾取ともいえるブラック労働が要求される。北大祭期間中はゴミ捨てなどの運営の仕事で一日のほとんどを拘束されるためクラスやサークルに顔を出している余裕はない。もちろんシフト要求は出せるが基本的に事務局の仕事が優先でありそれをアイデンティティとできるような人が集まる。また、新歓が例年大規模で新歓費として集められるのは一人あたり2万円というなかなか痛い出費である。このサークルの雰囲気としてはそこまでそこまでウェイという感じでもなく、どちらかというと真面目な人が多い印象である。しかし恋愛事情なそこそこ活発で同級生同士はもちろん年の差カップルも多数誕生する。いうなれば、おとなしい草食系のための出会いサーといったところか。

構成[編集]

部局間でのつながりはほとんどないためサークル内恋愛や青春っぽいことを期待している人は部局選びに注意が必要である。

広報部[編集]

北大祭のチラシや当日配布する案内冊子、札幌駅地下歩道に流れるCM、webページ、立て看板、出店団体への説明冊子などを作成している部局。冊子を閉じる作業などは北大祭当日用のものをのぞいては基本的に手作業でとじるため黙々と仕事をするストイックさがもとめられる仕事が多い。また、北大祭ロゴの管轄をしているのもこの部局であり、デザインに携わりたい人が多いのも特徴。

企画部[編集]

花形部局。陽キャが少ない北大祭事務局の中でもテンション高めの人々が集まる部局。ミスコンやロックフェス、有名人企画、お化け屋敷など北大祭の主要な企画を運営する部局である。たぶん一番楽しい。

渉外部[編集]

協賛金集めやラジオでの学外広報などを担当する部局

総務部[編集]

よくわかんないけど多分雑用。

上役[編集]

全学実行委員長と楡陵祭実行委員長など事務局の統括をする人たち。北大祭は、各学部が独立に大学祭を行うという方針がとられており、北大祭事務局がかかわるのはその各学部との調整と教養棟とメインストリートを使って行われる「楡陵祭」と呼ばれる各祭の一部に相当する部分である。各学部の代表といろいろ調整するのがこの人達のお仕事である。10月くらいに次期二年目から選挙で選ばれる。半分くらいの役職は信任投票となるため「俺は人の上に立って人を動かしてみたいです」とかいうむちゃくちゃな演説でも意外ととおったりする。

当日のシフト[編集]

当日のシフトは交通誘導やゴミ捨て場管理、清掃など北大祭を運営する上では必須だがそんなに面白くない仕事が多い。そんななかでひときわ目立つのがデートシフトと呼ばれるシフトである。このシフトは事前にこっそり先輩に希望を出すと、好きな人と二人できぐるみをきてスタンプラリーのスタンプを持って歩くという仕事に割り振ってもらえる。良いシステム。

イベント[編集]

事務局のなかで学祭以外に最も大きいイベントは北大祭が終わったあとに全員で行く定山渓旅行である。男女ペアの肝試しが行われたりと青春の予感がするイベントである。また、それ以外でも部署内では定期的にジンパや飲み会、藻岩山登山などのイベントが企画されている。ただし部署合同のイベントはあんまりないため入る部署はめちゃ大事。

問題[編集]

2016年のミスコンでは運営の不手際によりミスコンに反対する会を触発、乱入事件にいたった。2016年ミスコン乱入事件を参照。

2018年はAdobe社製品のクラッキングを団体主導で行っていることが発覚し当局からの指導が入った。それまで北大祭事務局では一年目にはAdobe社製品の体験版を6月まで使わせ、6月以降事務局に残った人に違法ツールを使用したクラックの方法を指南するという方法がとられていた。また、新入生に対する説明として大学からライセンスを貸与されているという虚偽の説明をしてきた。であるから、北大祭で配られる冊子や動画は違法クラックしたIllustratorやInDesign、Premiereなどで冊子や動画を作られていたが、今はフリーソフトで頑張っている。