北大ビッググリーン

提供: 北大wiki図鑑
移動先: 案内検索

概要[編集]

北海道大学ビッググリーン(ほっかいどうだいがくビッグきゅうり)は北海道大学体育会に所属するアメリカンフットボール同好会である。 1974年に創部。以来、学生主体のチーム運営で地盤を硬め、自分たちでチーム運営を行うまでに成長したが関東や関西のレベルには程遠い状況である。チームカラーはきゅうり色。 

特色[編集]

2006年度のシトロンボウルでは、関東代表の明治大学グリフィンズに18-15で敗れはしたものの、北海道のチームが関東リーグに通用しうること示した。しかしここ数年はレベル低下に悩まされ、もはや北海道リーグでも有象無象の一同好会でしかない。臆病な自尊心と尊大な羞恥心ばかり肥大した腐敗した状況となっていてまさに水分95%で栄養価0のきゅうりそのものである。自らビッグを冠していることに見られるように自分を実力以上に大きく見せ、相手を威圧しようとする張子の虎である。いくらビッグとはいえきゅうりであるため東北リーグのチームとの試合でも大敗を喫し遠征試合でも勝利からは程遠い状況となっている。この状況を知らず入部したものたちの退部があとをたたない。