公開講座

提供: 北大wiki図鑑
移動先: 案内検索

概要[編集]

地域貢献を使命とする北大では、大量の公開講座が開講されている。北大ホームページに公開講座一覧が掲載されているが、実際にはホームページに載っているものはごく一部である。

「道民カレッジ」対象講座が多いが、北大祭公開講義や高大連携公開講座等対象外の講座もある。その「道民カレッジ」のスタンプ目当てのせいか老人の受講が多い。

主な公開講座[編集]

  • 全学企画

 例年7月頃に開催される。その年の旬といえるテーマを選定し、色々な部局の先生が毎回交代して講義を計8回行う。2018年度は名和総長が登壇し講義を行った。また、全学教養科目「聞く力・話す力のトレーニング」と連動しており、公開講座の司会はこの科目を履修している学部1年生が務めている。

  • 北大道新アカデミー

 北海道新聞社との産学連携協定に基づき2018年度から開講された公開講座。2018年度は文学研究科と環境科学院が、2019年度は文学院と生命科学院が担当。

 北大祭事務局が企画する公開講義、各学部祭で企画する公開講義、研究所・センターの一般公開に併せて開かれるサイエンス・トーク、学生有志が企画する講演会などがある。北大祭事務局が企画する公開講義は旬の研究者を呼ぶことが多く、ノーベル化学賞受賞者の鈴木章氏を呼んだことがある。

  • 高大連携公開講座

 高校生が5限の全学教養科目を受講するもの。詳細は総合教育部参照。

  • 学部・学科等紹介

 毎年9月と2月の学部移行ガイダンス翌日に開催される学部・学科等紹介は、一部の学部・学科では学部1年生に限らず一般市民も来場可としているものがある。

  • 土曜市民セミナー

 総合博物館主催で総合博物館を会場とする市民講座。主に学内の研究者が講師を務める。入場無料、申込不要。

  • バイオミメティクス市民セミナー

 総合博物館主催、高分子学会・電子科学研究所等の共催で総合博物館を会場に行われる市民講座。学外の研究者が講師を務めることが多い。入場無料、申込不要。

  • 時計台サロン

 農学部主催で札幌市時計台を会場に行われる市民講座。たまに時計台以外で開催されることがある。入場無料、申込不要。