主題別科目

提供: 北大wiki図鑑
移動先: 案内検索

概要[編集]

一般教養を内容とする全学教養科目である。思索と言語、芸術と文学、歴史の視座、社会の認識、科学・技術の世界の5カテゴリーに分類されている。文系は5カテゴリーを全て取らなければならない。医学部保健学科を除く理系は3カテゴリー以上、医学部保健学科は2カテゴリー以上取る必要がある。

主題別科目の良さとしては、先端の研究者による講義が学部関係なく受けられる事が挙げられるが、1限に開講される科目が多く、何かと学生に嫌われる。また、抽選による履修調整に漏れたり、落単や半期に取れる単位数上限の関係で、2年目以降も主題別科目の単位を取りに教養棟に通う学生もいる。

主題別科目はフレセミ総合科目と同様、楽単情報が多く飛び交う。これは、主題別科目は一部の例外を除きクラス指定がなく、どの授業を取るかを学生が自由に選択できるからである。特に大講堂で行われる科目は楽単が多い傾向である。

主題別科目の一部科目は、学部や系による履修制限がある。理系にとっては簡単すぎるから理系が取れない授業がある。逆に文系にとっては難しすぎるから理系しか取れない授業もある。また、社会の認識の日本国憲法は法学部生は取れない。(学部でやるから)

思索と言語[編集]

哲学、倫理学を内容とする。北欧語やアイヌ語などの外国語科目で開講されていない言語や、手話の講義もこのカテゴリーで開講されている。

芸術と文学[編集]

主に古今東西の文学や美術学の授業である。集中講義や非常勤講師担当の授業が多い。

「伊勢物語を読む」は名物授業で、履修希望者が多く履修調整がよく行われる。月曜日5限の前に大講堂前で受講者が並ぶ様子は北大用語で「お伊勢参り」(または「お伊勢」)と称される。しかし、お伊勢参りに並んでいる学生の多くはピ逃げをして行くのが恒例である。

歴史の視座[編集]

歴史学、考古学を内容とする。通史ではなく、特定のテーマに絞った授業が多い。

単位取得が難しい講義が多く、特に「昭和戦前期の日本政治」は鬼仏表に「ど鬼・鬼畜」と書かれた事をシラバスで触れている。

社会の認識[編集]

法学、経済学、社会学、心理学を内容とする。

科学・技術の世界[編集]

主に数学や理科の一般教養や専門の触りが授業内容である。また、一般に文系科目と思われている心理学はこのカテゴリー(または「社会の認識」カテゴリー)で開講されている。よって「科学・技術の世界」カテゴリー開講の心理学を取れば文系学生は数学や理科の授業を受けなくても卒業要件を満たせる。

学部移行を控えている総合理系の学生の勧誘の場と化す授業もある。

人気授業として、木曜1講時に開講される「北海道大学の「今」を知る」が有名である。CoSTEPの教員が授業を担当し、学内の研究室訪問を行いそのレポを北大のメディアの「いいね!Hokudai」に掲載する内容で、例年抽選は高倍率となる。