シオノギ創薬イノベーションセンター

提供: 北大wiki図鑑
移動先: 案内検索

概要[編集]

2008年に北キャンパスに開設された研究施設である。別名「シオノギ研究所」。シオノギの資金で建物を建設し、後で北大に譲渡する契約になっている。企業名のついた学内の施設は他に古河講堂がある。

当初は塩野義製薬の研究員が常駐し新薬の開発や北大との共同研究を行っていたが、現在は道内のベンチャー企業が入居し研究を行っている。シオノギ研究所開設が縁となって、シオノギとコネのある教員が学内に点在している。

2015年まで、塩野義製薬の研究員らにより大学院講義「シオノギ未来創薬セミナー」が開講されていた。楽単であり、最先端の製薬研究が扱われるため学部生のモグり受講や教員の聴講が多かった。

殆どの学部生にとってはシオノギ研究所はなじみのない施設である。しかし、長寿番組「ミュージックフェア」で宣伝される薬の開発に北大が関わっているのは感慨深い。

北大とシオノギとの関係は古くからあった。旧・新聞会が発行していた北大新聞の縮刷版によると、塩野義製薬は昭和時代から北大新聞に医薬品の広告を定期的に掲載していた。