オープンキャンパス

提供: 北大wiki図鑑
移動先: 案内検索

毎年8月上旬の日・月曜日を利用して行われる。

日曜日に参加者を制限しない自由参加プログラム、月曜日に高校生限定プログラムが行われるのが通例である。学部によっては他の日にプログラムを実施する所がある。

ほとんどの学部は学部紹介や模擬実験などオーソドックスな内容が多い。オープンキャンパスならではの人気模擬授業もあり、法学部の吉田教授によるAKBをネタとした知財の模擬授業は人気である。高校生限定プログラムでは実際の研究室で一日弟子入りという貴重な体験が出来るプログラムもあれば、「大学院生による大学院の研究紹介」という一体誰が行くの?と思えるプログラムもある。

総合博物館では学部の情報を常時提供しているためオープンキャンパスに行くのは必須ではないが、AO入試受験生は面接でオープンキャンパスの感想を聞かれる事があるため、参加するのが望ましい。

パンフレット記載のプログラム以外に、学生による下記の企画が実施され、受験生が北大在学生と話す機会が設けられている。

プレオープンキャンパス[編集]

例年オープンキャンパス前日の土曜日に開催される、北大キャンパスビジットプロジェクトによる企画。キャンパスツアーや北食での交流会等が行われる。

北大生協による企画[編集]

北大生協学生委員会はオープンキャンパス当日、「北大生と話そう」という企画を実施し、受験生の相談に応じている。

また、通常の日曜日は閉店している学食や購買を臨時営業し、学食のメニューを体験できる。ただしオープンキャンパスは参加者が多く、学食は大変混雑する。

エピソード[編集]

総合博物館のミュージアムカフェでは、ソフトクリームが一番売れる日がオープンキャンパス当日である。